文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

腑に落ちていますか?

2010年5月27日掲載

Photoすがすがしい陽気の次は、ジメジメの梅雨がやってきます。
梅雨は、気持ちも沈むことが多いですよね。
実際に、うつ病の多い地域は、日照時間が少ないとか…。
これからの時期を快適に過ごすためには、ちょっと工夫が
必要なのかもしれません。

皆さんは、最近、「腑に落ちていますか?」
日常生活や仕事など、色んな出来事が腑に落ちていると
心の不調、体の不調はおきにくいものです。

私も、漢方カウンセリングを受けている時に、
「最近、ちゃんと腑に落ちてる?」と聞かれたことがあり、
「???」
あれっ?私、色んなできごとが腑に落ちていない…!
そんなことに気づいて、スッキリしたことがあります。

皆さんは、いかがでしょうか?

なかなか、全ての出来事を腑に落とすのは、
難しいかもしれませんね。
ただ、腑に落ちないことがたくさんありすぎても、
イライラやため息の原因になってしまうかも。
そんな時は、自分で納得できるようにすればいいのです。

まずは、腑に落ちない出来事を振り返ってみましょう。
次に、なぜ腑に落ちないのか、考えて見ます。
どうしたら、腑に落ちるのか…
自分の腑に落ちるように、その出来事をちょっと書き換えて
見てはいかがですか?

ちょっと嫌な出来事も、良い出来事に物語を変えてみると
腑に落ちたりしますよね。

もう1つは、腑に落ちないとわりきってみる。
どうしても、物語を書き換えることができないことも
ありますよね。
また、そんなエネルギーがないときもあります。
そういう時には、腑に落とさないという方法です。

無理をしていると、心も身体も疲れてしまいます。
自分の気持ちや体の声、素直に耳を傾けて下さい。
どうしたいのか…聴いた声を大切にして、
その道へ進めばいいのではないでしょうか。

近道だけが道ではありません。
遠回りしても、その人に最良の道であれば、
大切な遠回りです。

これから梅雨に向けて、雨でお出かけにならない時、
リラックスしながら、日頃の振り返りをしたり、
自分と向き合う時間を作ってもいいですよね。

夏を元気にすごすために、梅雨はリラックスして、
リフレッシュするためにあるのかもしれませんね。
たまには、のんびり腑に落ちる1日をお過ごしになっては
いかがでしょうか。